韓国統一相「南北関係進展と米朝対話再開へ努力」

【ソウル聯合ニュース】韓国の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官は24日、「政府は南北共同宣言を履行する確固たる意志がある」と述べ、「南北関係を持続的に進展させ、朝米(米朝)対話が速やかに再開されるよう最善を尽くす」と強調した。政府系シンクタンク、統一研究院がソウル市内で開催した学術会議に出席し、あいさつを述べた。

 金氏は、米朝が2月末にベトナムで2回目の首脳会談を開いた後、「小康局面」が続いているとしながらも、「北と米国は依然、外交的な交渉を通じた解決という原則を堅持している」と指摘。その上で「重要なことは、状況を安定的に管理しながら、できるだけ早期に朝米間交渉を再開すること」と説明した。また、「南北共同宣言で得た対話の動力が近く再び回復するだろう」と見込んだ。

 金氏は朝鮮半島の非核化と恒久的な平和の定着に韓国の国益と未来がかかっているとし、「当事者のわれわれが変化を主導していかなければならない」と呼び掛けた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース