文大統領 続投確実のインド・モディ首相に祝意

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日、インド下院選で与党「インド人民党(BJP)」が圧勝し、モディ首相の続投が確実となったことを受けて「モディ首相を選んだインドの国民に敬意を表する」と述べた。

 文大統領はこの日、SNS(交流サイト)に掲載した文章で「インド国民は調和が取れ、穏やかなリーダーシップでインドの力を花開かせる指導者を選んだ」として祝意を示した。
 これにより、モディ首相は2024年まで政権を握ることになる。

 文大統領は「モディ首相は私と兄弟のような仲だ」としながら、両首脳が相互訪問を通じて両国間の友情を確認し、2030年までに年間貿易額500億ドル(約5兆4700億円)を目標にすることを決めたと言及した。

 また、インドは韓国の衛星「ウリビョル3号」を打ち上げ、月探査計画を推進するなど宇宙科学分野で優れた成果を挙げているとし、「インドとの友情はわれわれにとって大きな機会になる」と強調した。

 文大統領はインドがアジアの強国として成長していくとして、「モディ首相は平和を愛し、インドの未来のために確固たる見通しを持っている」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース