ドナウ川遊覧船沈没 11日午前に船体引き揚げへ

【ブダペスト聯合ニュース】ハンガリーの首都ブダペストのドナウ川で韓国人観光客が乗った遊覧船が沈没した事故で、沈没した遊覧船を引き揚げるための準備作業が10日に終了し、11日午前から引き上げ作業が開始される見通しだ。

 韓国の政府合同迅速対応チームは10日、現地で行った会見で、4本のワイヤのうち3本が船体の下を通され、固定されるのを待っており、同日中にもう1本のワイヤの準備が終われば、あす午前に引き揚げを開始すると説明した。

 韓国人観光客とガイドの33人とハンガリー人乗務員2人の計35人が乗船した遊覧船は先月29日夜、クルーズ船に追突され、沈没した。

 事故直後7人が救助されたものの、この日午前までに身元が確認された韓国人の死亡者は計19人、行方不明者は7人となっている。ハンガリー人の船長も行方不明だ。

 韓国とハンガリーの救助当局は10日にもヘリコプター3機を投じ、空中から捜索を続けており、水上からの捜索範囲も南に50キロまで拡大する予定だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース