失業・集団無力感…韓国20代のうつ病、5年間で倍増

失業・集団無力感…韓国20代のうつ病、5年間で倍増

昨年29%急増して9万8000人

不安障害も20%増えて6万9000人

 ソウル市鍾路区で自炊生活をしているキムさん(29)は最近、スマートフォンのメッセージ・アプリとソーシャル・メディアのアカウントを削除した。彼女はソウル市内の4年制大学を卒業後、会計士試験に挑戦したが不合格だった。その後、9級公務員試験に2回挑んだが、これも落ちた。キムさんは周囲の人々に「死にたい」「人生終わった」「時間を戻したい」とよく漏らすようになり、連絡を絶った。娘のことが心配になった母親に連れられて病院に行ったところ、キムさんはうつ病と診断された。

 心を病む20代の若者が増えている。深刻な青年失業という状況に、社会的な関係を結ぶことがうまくできない20代の特性が重なり、「青年うつ」を招いているようだ。

 健康保険審査評価院は10日、「20代のうつ病患者は2014年の4万9848人から昨年は9万8434人へとこの5年間で2倍近く増えた」と国会の金承禧(キム・スンヒ)議員=自由韓国党=に報告した。2010年から14年までにうつ病で病院を訪れた患者数は毎年5万人前後と一定だったが、14年を境に急増しているのだ。

 うつ病だけではない。20代の不安障害の患者も14年の3万7100人から昨年は6万8751人へと2倍近く増えた。どちらの病気も最近になって急に増えている。特に昨年は20代のうつ病患者が前年比29%、不安障害患者が20%増加した。

 「不眠症は中年以降になる」という従来の認識とは異なり、よく眠れないという理由で病院に通う20代は14年の2万7219人から昨年は3万2596人に増えた。

 警察がイ・チェイク議員=同=に報告した資料によると、自殺を試みる20代も最近増えているという。ほかの年齢層ではすべて、多い場合は数百人も自殺者が減っているのに対し、20代だけは16年の1137人から17年は1142人と小幅ながら増えている。

洪準基(ホン・ジュンギ)記者 , ソン・ヨンホ記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 失業・集団無力感…韓国20代のうつ病、5年間で倍増

right

関連ニュース