ドナウ川事故 引き揚げられた遊覧船内で韓国側が不明者捜索へ

【ブダペスト聯合ニュース】ハンガリーの首都ブダペストのドナウ川で韓国人観光客が乗った遊覧船が沈没した事故で、現地に派遣されている韓国の対応チームは12日午前(日本時間同日午後)にも、水中から引き揚げられた遊覧船の内部に入って行方不明者を捜索する予定だ。韓国外交部が伝えた。

 ハンガリー当局は前日、沈没した遊覧船を引き揚げた。韓国の対応チームが船体の捜索を希望したところ、ハンガリー警察は捜査への参加意向と受け止め、共同捜査はできないとの姿勢を示した。これに対し韓国側は、捜査への参加ではなく、行方不明者を捜索するため船体の内部に立ち入りたいと説明。12日に捜索することになった。

 韓国人観光客とガイドの33人とハンガリー人乗務員2人の計35人が乗船した遊覧船は先月29日夜、クルーズ船に追突され、沈没した。事故直後に7人が救助されたものの、これまでに24人の死亡が確認され、4人が行方不明となっている。引き揚げ後の船体からは4人の遺体が見つかった。

 韓国外交部の関係者は「両国は船体の引き揚げ後も、水上での捜索など、協力を続ける予定」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース