韓国統一相「6月中の南北首脳会談は困難」 北朝鮮が反応せず

【ソウル聯合ニュース】韓国の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官は12日、国会外交統一委員会所属の与党議員らとの協議で、6月中の南北首脳会談の開催は困難との見解を示した。複数の出席者が聯合ニュースに伝えた。

 トランプ米大統領は28~29日に大阪で開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議への出席に合わせて韓国を訪問し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談を行う予定だ。トランプ氏の訪韓前に非核化に関する北朝鮮の意向などを把握するための南北首脳会談が開かれる可能性が注目されていたが、金氏は「北が反応しないため、今月中の南北首脳会談は難しそうだ」との趣旨の説明をしたという。

 金氏はただ、協議の冒頭で、3回目の米朝首脳会談開催への環境づくりに努力していると説明し、「政府は現時点が朝鮮半島の非核化において非常に重要な時期だと思っている」と強調した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース