金正恩氏妹「南北協力の継続願う」 韓国に弔意伝達

【坡州、ソウル(共同取材団)聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党宣伝扇動部第1副部長は12日、南北軍事境界線にある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で故金大中(キム・デジュン)元韓国大統領の妻で10日に死去した李姫鎬(イ・ヒホ)さんに対する弔意を韓国側に伝達し、「民族の和合と協力に尽力した李さんの意思を敬い、南北間の協力を続けることを願う」と述べた。伝達を受けた韓国青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が韓国側に帰還後、記者団に明らかにした。

 鄭氏は金委員長から文在寅(ムン・ジェイン)大統領へのメッセージや親書があったかを問われると、「なかった」と答え、「きょうは故人に対する南北の追悼と哀悼に集中した」と説明した。韓国側も親書を伝達しなかったという。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース