金正恩氏 金大中氏妻に「格別の感情」=与正氏伝える

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党宣伝扇動部第1副部長は12日、南北軍事境界線にある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で故金大中(キム・デジュン)元韓国大統領の妻で10日に死去した李姫鎬(イ・ヒホ)さんに対する弔意を韓国側に伝達した。与正氏は板門店に出向いた韓国青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長らに対し、金委員長が「李氏に対する格別の感情を持っており、金副部長が南側の責任ある人物に直接弔意を伝えるのが望ましい」と話したと伝えた。青瓦台の尹道漢(ユン・ドハン)国民疎通首席秘書官が明らかにした。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース