文大統領「トランプ大統領来韓前に南北首脳会談を」

文大統領がオスロ大学で講演

トランプ大統領「金正恩氏から親書」「3回目の米朝首脳会談あり得る」

 ノルウェーを国賓訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、オスロ大学で講演し、北朝鮮の非核化に向けた交渉が行き詰まり状態にある現状について「対話をしない期間が長くなれば、対話に向けた情熱が冷める恐れがある」との見方を示した上で「私は金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長とトランプ大統領に早期に会うよう促している」と明らかにした。

 6月末には韓米首脳会談が予定されているが、その前に南北首脳会談が実現する可能性について文大統領は「トランプ大統領の来韓前にできれば金正恩氏に会うことが望ましいが、この問題も金正恩氏の選択にかかっている」と述べた。これに先立ちトランプ大統領は11日(米国時間)、金正恩氏から親書を受け取ったことを公表し「(3回目の米朝首脳会談が)行われることもあり得る」と述べた。米朝首脳間の親書のやりとりは今年1月以来5カ月ぶりで、2月に行われた2回目の米朝首脳会談が物別れに終わって以来、行き詰まり状態にある非核化交渉が再開されるかどうかに注目が集まっている。

 トランプ大統領は11日にホワイトハウスで記者団の取材に「金正恩氏から昨日(10日)、美しい親書を受け取った」「それは非常に個人的な内容で、非常に温かく素晴らしい親書だった」と明らかにした。その上でトランプ大統領は「われわれは非常に良い関係を維持している」「私は非常に肯定的な何かが起こると考えている」との見方も示した。3回目の米朝首脳会談について尋ねる質問には「それはあり得る」「いつか実現することを望む」などと述べた。ただしその一方でトランプ大統領は「(3回目の米朝首脳会談は)可能ではあるが、(非核化に向けた話し合いが)進展することを希望する」ともくぎを刺した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲写真=NEWSIS

right

関連ニュース