韓国国会議長 「天皇への謝罪要求」を謝罪=鳩山氏との昼食会で

【ソウル聯合ニュース】韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は13日、日本の天皇(現上皇)の謝罪で旧日本軍の慰安婦問題が解決するとした自身の発言について謝罪した。

 文氏はこの日、ソウル市内で行われた昼食会で鳩山由紀夫元首相と会い、当時の自身の発言について「(発言により)心が傷ついた方々に申し訳ないという思いを伝える」と話した。

 鳩山氏は文氏の発言について、韓国人の立場では納得できても、日本人は天皇にまで言及したのは失礼だと考えうる問題と指摘。文氏は「全面的に同意する」とし謝罪の意を伝えた。 

 文氏は2月に行われた米ブルームバーグとのインタビューで、当時の天皇について「戦争犯罪の主犯の息子」と表現し、「日本を代表する首相か、間もなく退位する天皇の一言でよい。高齢の元慰安婦の手を握って心から申し訳ないと言えばそれで(慰安婦問題が)解決する」と発言。日本側から抗議を受けた。文氏が同発言について謝罪したのは今回が初めて。 

 文氏側は今回の謝罪について、「文議長は韓国には韓国の立場があり、日本には日本の立場があるという話に同意し、心が痛んだのであれば申し訳ないという趣旨でした発言」と説明した。 

 この日の昼食会には韓日議員連盟会長で与党「共に民主党」に所属する姜昌一(カン・チャンイル)国会議員や同党の李鍾杰(イ・ジョンゴル)国会議員なども出席した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース