輸出優遇除外:戦略物資流出報道に韓国政府が弁明「日本製はない」「韓国製または中国製」

戦略物資流出第2ラウンド

日本の自民党・メディア、韓国政府資料で逆攻勢

 日本のフジテレビをキー局とするフジニュースネットワーク(FNN)は10日、韓国政府作成の文書を入手したとして、「2015年から今年3月にかけて、武器に転用可能な戦略物資156件を韓国企業が(第3国に)不正に輸出して韓国政府に摘発された」と報道した。今回、日本が輸出規制品目に指定したフッ化水素(エッチングガス)もアラブ首長国連邦(UAE)に不正輸出されたとしている。国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁委員会パネル委員だった古川勝久氏はFNNに「(この情報を見る限り、)韓国をホワイト国(輸出規制緩和国)として扱うのは難しいのではないか」と語った。韓国の戦略物資管理が不十分なため、日本政府の輸出規制は正当だという主張だ。

 これに先立つ今月5日、自民党安全保障調査会の小野寺五典会長もフジテレビの番組に出演した際、5月17日付の朝鮮日報の記事に言及し、「韓国で大量破壊兵器(WMD)の製造に使われるかもしれない戦略物資の不正輸出が急増している」と語った。

 安倍政権は1日の輸出制限措置発表以降、その理由にフッ化水素などの対北朝鮮搬出疑惑や韓国政府の戦略物資規制への不信を挙げている。これに対して韓国政府は「日本から輸入されたフッ化水素が北朝鮮に渡ったことはない。証拠を出せ」と反発した。こうした中、日本側は韓国政府の資料を根拠に反撃に出たものだ。

 これに対して、韓国産業通商資源部(省に相当)は「(日本のメディアが引用した)無許可輸出摘発現況は、政府が毎年公表しているもので、これはむしろ、韓国の輸出管理制度が透明に運営されている傍証だ」と弁明した。同部関係者は「摘発されたフッ化水素の原産地は日本ではなく韓国や中国だ」としている。

金慶和(キム・ギョンファ)記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース