韓国大統領府高官の訪米 日本の輸出規制巡る協議などが目的

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)関係者は11日、金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長が訪米した目的のうちの一つが、日本政府による韓国向け半導体材料の輸出規制強化に関する協議を行うためだと明らかにした。
 
 輸出規制問題の解決に向けた一手段として韓米間の協議の必要性を青瓦台が事実上認めた形だ。

 同関係者は金氏の訪米目的に関する記者団からの質問に対し「日本の輸出規制を含む韓米間の懸案を協議する予定だと承知している」と答えた。

 金氏の訪米日程や具体的な協議内容については「結果が出てからお話できる」と述べるにとどめた。

 日本への特使派遣については、具体化すれば言及できるとした上で「今確認できることがない」と説明した。

 また日本のメディアが、兵器製造に転用可能な戦略物資の韓国からの違法輸出を韓国政府が摘発したと報じたことについては、日本で今流れている情報は確認されていないものがあると指摘した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース