戦略物資の北朝鮮密輸出疑惑を否定 韓国首相

【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は11日、韓国がフッ化水素(エッチングガス)などの戦略物資を北朝鮮に横流ししたとの疑惑を日本が提起したことに関して「そのような事実はない」と否定した。

 李首相は国会で行われた教育・社会・文化分野の対政府質疑に出席し、「韓国が北にフッ化水素を密輸出したことはあるか」との野党議員の質問に対してこのように述べた上で、「一部企業が戦略物資を密輸出しようと試みるたびに摘発し、差し押さえ措置を取るか国連制裁委員会と共に制裁を加えている」と説明した。

 李首相は「(日本が)安全保障にまで関連付けて経済報復を正当化しようとするのは、われわれが維持してきた韓米日安保体制を揺るがす可能性がある大変危険な発言だ」と述べ、「報道によると日本側が根拠とする資料は国内の不確実な報道や政界からの流出によるものだったというが、実に嘆かわしい」と強調した。

 さらに、日本の嫌韓感情と韓国の反日感情の高まりが悪循環に陥っている状況は非常に不幸なことだとしながら、「日本は選挙が迫る中で乱暴になりがちだが、そうだとしても節度を守るべきだ。日本の指導者たちに友情を込めて申し上げたい」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース