文大統領「もう日本に負けない」「日本は大きな被害を甘受しなければならない」

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が2日、日本政府が韓国をホワイトリストから除外する決定を強行したことについて、「問題解決のための外交努力を拒否し、事態をさらに悪化させ、非常に無謀な決定で、深い遺憾を表明する」と語った。

 文大統領は同日青瓦台で行われた緊急国務会議の冒頭発言でこのように語った。文大統領は「わが政府と国際社会の外交的な解決努力を無視し、状況を悪化させてきた責任が日本政府にあることは明確になった以上、今後起きる事態の責任も全て日本政府にある点を明らかに警告する」と話した。文大統領の冒頭発言はテレビを通じて生中継された。

 文大統領は「日本の措置によってわれわれの経済は厳しい状況で困難がさらに増した」とし、「われわれはもう日本に負けない」と話した。続けて「少なくない困難が予想されるが、われわれの企業と国民にはその困難を克服する力量がある」とし、「過去もそうであったように、われわれは逆境をむしろ跳躍する契機にできる」と語った。

 文在寅は「決して望んでいなかったことではあるが、わが政府は日本の不当な経済報復措置に対し、相応する措置を断固として取っていく」とし、「日本は経済大国であるがわが経済に被害を与えようするならば、われわれも対抗できる方法を持っている。加害者である日本が居直ってむしろ大声を出す状況を決して座視しない」と話した。文大統領は「日本政府の措置の状況によってわれわれも段階的に対応措置を強化していく」とし「すでに警告した通り、われわれの経済に対し意図的に打撃を与えるのならば、日本も大きな被害を甘受しなければならない」と語った。

 文大統領は「わが政府は今も、対応と仕返しの悪循環を望んでいない。止められる道はただ一つ、日本政府が一方的かつ不当な措置を一日も早く撤回し、対話の道に出てくること」と語った。その上で「力で相手を制圧していた秩序は過去の遺物にすぎない。こんにちの大韓民国は過去の大韓民国ではない。国民の民主力量は世界最高レベルで、経済も比べようがないほど成長した。いかなる困難も十分に克服する底力を持っている」と発言した。

パク・ジョンヨプ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲写真=NEWSIS

right

関連ニュース
あわせて読みたい