韓国で後ろ指さされる8桁ナンバーの日本車

韓国で後ろ指さされる8桁ナンバーの日本車

#1. 11月初めソウル市の中心街で日本製のレクサスが横断歩道の前でしばらく停止した。通行人が「不売運動の最中に日本車を買うなんて気が知れない」と怒りをあらわにした。

#2. 京畿道郊外のあるビルの駐車場。遮断機が下ろされた駐車場の入り口で1台の車がしばらくの間、立ち往生させられた。後ろにはクラクションを鳴らす車が列を成していた。

 こうした二つの現象には、一体どんな共通点があるのだろうか。おそらく車のナンバープレートの番号が他のものよりも1桁多い可能性が高い。国土交通部(日本の省庁に相当、以下同じ)は今年9月、これまで使用していた7桁のナンバープレート(12あ1234)が飽和状態になったとの理由から、8桁のナンバープレート(123あ1234)を取り入れた。これまで2桁だったナンバープレートの前の番号が3桁に増えたのだ。

 8桁のナンバープレートは思いもよらない役割を担当することになった。日本製の不売運動への参加の是非だ。これまでの車は仕方ないとして、8桁のナンバープレートは新車を購入したという証拠であるためだ。また、民間の駐車場の入り口で認識が遅れる原因になることもある。8桁のナンバープレートの導入以降の2カ月間をリポートした。

■7桁のナンバープレートは飽和状態

 国土部によると、昨年末に韓国国内の自動車累積登録台数が2300万台を突破した。人口2.234人に1人が自動車を保有している計算だ。前の数字が2桁である従来の7桁のナンバープレートで登録可能な車は2200万台だ。これまで国土部は、自動車の登録抹消などで回収されたナンバープレートの使い回しなどで何とか忍んできたものの、これさえも今年末には底を突く見通しだ。これが、国土部が今年9月に前の数字が3桁である新しいナンバープレートを取り入れた理由だ。この組み合わせでは、自動車のナンバープレートを追加で2億1000万個まで製作することができる。半永久的に使用できると国土部はみている。車の用途別に119や112といった特殊ナンバーの適用も可能だ。現行の自動車のナンバーにハングルのパッチム(最後の音を表す子音)を加える案も検討されたものの、この場合は確保可能なナンバーが6600万個にとどまることから8桁の案が採択された。

ナム・ジョンミ記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国で後ろ指さされる8桁ナンバーの日本車

right

関連ニュース
あわせて読みたい