王毅外相のネロナムブル「大国がなぜ小国をいじめるのか」

王毅外相のネロナムブル「大国がなぜ小国をいじめるのか」

康京和長官に会い米の単独主義批判

自身はTHAAD報復言及せず米の中距離ミサイル韓国配備に反対

会談、予定より1時間以上長引く

「『康京和外交』はTHAAD報復撤回など正式に要求せず低姿勢」との声も

 中国の王毅・外交担当国務委員兼外相が4日に訪韓し、「世界の安定と平和にとって最大の脅威は、単独主義(ユニラテラリズム)が国際秩序を破壊し、覇権行為で国際関係の準則に挑むことだ」と述べた。訪韓の第一声で米国のトランプ政権の自国優先主義政策を批判したものだ。

 王毅外相は同日午後、ソウル市内で行われた康京和(カン・ギョンファ)外交部長官との会談で、「中国は終始一貫して独立的かつ自主的な平和外交政策を遂行してきた。大国であれ小国であれすべて平等であることを主張し、国際関係の民主化を主張している」として、上の通り述べた。同外相はまた、「中国は大きな国が小さな国をいじめることに反対し、自分の力だけを信じ弱い者いじめに反対し、他人に強要することに反対している。もちろん、他国の内政に干渉することも反対する」と言った。

 しかし、王毅外相は同日の会談の冒頭発言で、2016年から中国が韓国の終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備に全方位的報復措置を加えている状況については言及しなかった。外交関係者の間では「韓国にTHAAD報復『収拾』を条件としてTHAAD追加配備、韓米日軍事同盟など屈辱的な『三不誓約』を無理強いした中国が、『小さな国をいじめることに反対する』と他人事(ひとごと)のように言っている」と指摘する声も上がっている。

 韓国外交部によると、康京和長官と王毅外相の会談は同日午後4時15分に始まり、6時30分に終わったという。予想より1時間余り遅れて終わったのだ。外交部は当初、会談を5時15分ごろに終え、ソウル市竜山区漢南洞にある外交部長官の公館に移動して6時30分ごろから王毅外相と夕食会を行う予定だった。しかし、会談が長引き、夕食会も遅れて開催された。外交部は会談の結果を説明する記者懇談会も同日午後5時30分ごろから開こうとしていたが、最終的には取りやめとなった。双方の間でTHAADや北朝鮮の核など敏感な事案に関して協議が行われ、決められた時間を大幅に越えたのではとの見方もある。

ノ・ソクチョ記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 王毅外相のネロナムブル「大国がなぜ小国をいじめるのか」

right

関連ニュース
あわせて読みたい