サッカー:「旭日旗問題」謝罪したリバプール、翌日また…

サッカー:「旭日旗問題」謝罪したリバプール、翌日また…

FIFAクラブW杯優勝後、日本語版公式SNSに旭日旗デザイン

韓国ファン「いい加減な謝罪だったのか」と抗議

 イングランド・プレミアリーグ(プロサッカー)のリバプールが日本の軍国主義の象徴とされる「旭日旗」のデザインをソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上に掲載した。

 リバプールは22日、カタールのドーハで南米チャンピオンのフラメンゴ=ブラジル=と行った2019国際サッカー連盟(FIFA)クラブワールドカップ(W杯)決勝で、延長前半9分にブラジルのストライカー、ロベルト・フィルミーノがゴールを決め1-0で勝った。クラブ創設以来、初めてクラブW杯で優勝したリバプールは、イングランドのサッカークラブとしては初めて1シーズンに欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグ、スーパーカップ、クラブW杯を制するという記録を作った。このため、韓国のリバプール・ファンも一緒に喜んでいた。

 ところが、リバプールが日本公式ツイッターのアカウントに旭日旗のデザインを掲載したことから、喜びは失望に変わった。ユルゲン・クロップ監督が地球とクラブW杯のトロフィーを手にしているイラストのバックに、太陽の光が広がっていく旭日旗特有のデザインが施されていたためだ。リバプールは20日にも、東京で1981年に行われたインターコンチネンタルカップ(現:クラブW杯)のフラメンゴ戦でジーコの活躍を紹介した映像でも旭日旗のデザインを使用した。だが、韓国のファンからの抗議が激しくなると、リバプールはこれを削除し、21日にフェイスブック公式アカウントに「私たちが掲載した画像のために不快な思いをされたすべての方々に心から謝罪します」と正式な謝罪文を掲載した。しかし、この謝罪文を発表した翌日にまた旭日旗のデザインを使用したことから、リバプールの姿勢が俎上(そじょう)に載せられた。韓国のサッカーファンはリバプールの公式ツイッターに「旭日旗はナチスのシンボルであるハーケンクロイツ(かぎ十字)と同じだ。いい加減な謝罪だ」といった内容のコメントを数十件投稿した。

チュ・ヒョンシク記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • サッカー:「旭日旗問題」謝罪したリバプール、翌日また…

right

関連ニュース
あわせて読みたい