五輪での1勝に向かって…奇跡のラグビー勇士たちが突進する

「東京での新たな歴史、私が書く」 五輪初出場の韓国男子ラグビー
実業団3チームだけの悪条件下で、アジア最強の香港を破り東京行き
防具なしで走ってぶつかっての繰り返し…交通事故に遭うのと同じ衝撃
「諦めることを知らない闘魂だけは韓国ラグビーが世界最高だと自負」

五輪での1勝に向かって…奇跡のラグビー勇士たちが突進する

 鎮川選手村の山のふもとにあるラグビー練習場に行ってみると、XLサイズでも小さくて着られないという体重3桁台の男たちが声を響かせながら笑っていた。2020年、年が明ければ韓国ラグビーが史上初めて五輪に出場するというワクワク感は、黄色っぽく凍てついたラグビー場の冬の芝生まで目覚めさせた。

 韓国の男子7人制ラグビー代表は昨年11月、仁川で行われた五輪の地域予選決勝で、アジア最強チームの香港を延長での接戦の末に破り、12か国・地域で争われる五輪のチケットを手にした。実業団が3チーム(韓国電力公社、ポスコ建設、現代グロービス)、成人選手約100人という現実で成し遂げた結果だ。代表チームのソ・チョンオ監督は「今回五輪に出場できなければ、韓国ラグビーは滅亡するという危機感で、選手団が一丸となって死に物狂いで掛かっていった」として「足りない実力を精神力でカバーした。われわれが五輪に行くことはどう考えても奇跡」と話した。

■2020五輪でデビューする韓国ラグビー

 韓国ラグビーの歴史は100年近くになる。しかし、選手たちは「ラグビーをやっていると言うと『アメフトやってるの?』と嫌というほど言われる」と笑った。世界ランキングは30位圏。大学チームも4チーム(延世、高麗、慶熙、檀国大)だけで、それすら選手が足りなくて大変だ。国軍体育部隊にラグビーチームがあって幸いだと思う。

 ソ監督はラグビー代表の練習場について「一般の人は10分も走れば気絶するだろう」と豪語する。一日に全力疾走する距離はおよそ9キロ。防具を付けずに体だけで走り、ぶつかり、倒れるということを延々と繰り返すラグビーは、1試合終えると交通事故に何度も遭うのと同じぐらいの衝撃を体に受けるという。肩や膝の手術は通過儀礼で、歯が折れたり脳震とうを起こしたりすることも多い。選手同士で肩を組んでぶつかるスクラムの姿勢は、F1のレーシングカーのパワーにも負けないほど強力だ。四方から取り囲み、何とかして突っ走るのがラグビーの魅力であり、この快感に約130か国・地域が熱狂する。

 韓国ラグビーはタックルが激しくなっても前に進んだ。国が通貨危機の真っただ中にあった1998年のバンコク・アジア大会と2002年の釜山アジア大会では、日本を破って7人制と15人制の両方で優勝した。それにもかかわらず衰退した。ラグビー界の関係者たちは「韓国ラグビーは『泥の中の真珠(ダイヤの原石)』と言われるが、発展するどころか泥の底まで埋まってしまった」と話した。10年連続で全国体育大会で優勝していた名門実業団チーム、サムスン重工業のラグビーチームは5年前に廃部となった。

鎮川= ヤン・ジヘ記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 五輪での1勝に向かって…奇跡のラグビー勇士たちが突進する

right

関連ニュース
あわせて読みたい