北朝鮮核問題担当の韓国高官が訪米へ ビーガン氏と会談

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長が15~18日の日程で米ワシントンを訪問し、ビーガン国務副長官と会談する。同部が14日、発表した。

 会談では、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が「衝撃的な実際行動」に出るとして新たな戦略兵器による挑発を警告するなど緊張が高まった最近の朝鮮半島情勢について意見交換し、朝鮮半島非核化に向けた連携を確認するとみられる。

 また、北朝鮮に対し挑発自制と非核化交渉への復帰を促すメッセージも打ち出すと予想される。

 李氏は米政府関係者とも会談する予定のほか、17日に予定されているビーガン氏の国務副長官就任式にも出席する。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース