トランプ大統領が安倍首相と40分間電話会談、北核問題の解決策を尋ねる

トランプ大統領が安倍首相と40分間電話会談、北核問題の解決策を尋ねる

 米国のトランプ大統領は先月21日、日本の安倍首相と75分間の電話会談を行ったが、その際40分以上にわたり北朝鮮問題が話し合われていたことが分かった。

 東京のある有力な外交筋が13日に明らかにしたところによると、トランプ大統領と安倍首相は電話会談の半分以上で北朝鮮問題について話し合った。「クリスマスプレゼント」という言葉で挑発を示唆した北朝鮮に対し、どう対応すべきかトランプ大統領が安倍首相に尋ね、これに安倍首相が答える形で電話会談が行われたという。

 当時、北朝鮮は12月初めの外務省談話を通じ「クリスマスプレゼントが何になるか、それは全面的に米国の決心に懸かっている」と脅迫したため、「北朝鮮はクリスマス挑発に踏み切るのでは」との見方が盛んに語られていた。

 そのためトランプ大統領は、韓中日3カ国首脳会議に出席するため中国に向かう直前の安倍首相に電話をかけ、対北朝鮮戦略をどう進めるかについて助言を求めた。トランプ大統領と文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談は12月7日に30分行われたのが最後だった。

 電話会談で安倍首相は「北朝鮮の挑発を事前に阻止することが重要」とアドバイスしたという。北朝鮮が挑発に踏み切った場合、まず米国と日本が強く連携して対応することを提案した。この考え方に基づき、米日両国は12月24日の韓中日3カ国首脳会議の期間中、北朝鮮が挑発に踏み切った場合に備えるためのシナリオのチェックも行っていたようだ。安倍首相は「北朝鮮が米国にまで到達しない中短距離ミサイル、あるいは核実験で挑発したとしても、米国は強い態度に出てほしい」とトランプ大統領に要請した。

 その際、ホワイトハウスでは「北朝鮮の脅迫的な声明を念頭に、緊密に意思疎通と調整を続けることで一致した」とコメントしていた。安倍首相もトランプ大統領との電話会談後「最近の北朝鮮情勢を分析し、今後の対応策について綿密に調整した」と発言していた。

東京=李河遠(イ・ハウォン)特派員
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • トランプ大統領が安倍首相と40分間電話会談、北核問題の解決策を尋ねる

right

関連ニュース