韓国女子フィギュアのホープ劉永 冬季ユース五輪V

【ソウル聯合ニュース】韓国女子フィギュアスケートのホープで「ポスト キム・ヨナ」と期待を集める15歳の劉永(ユ・ヨン)が14日(日本時間)、スイスで開かれている冬季ユース五輪で優勝した。韓国選手が同五輪のフィギュアで金メダルを獲得したのは初めて。

 劉永はショートプログラム(SP)の首位に続き、この日のフリーでもトップの140.49点をマークし合計214.00点で優勝した。冒頭でトリプルアクセルを決めると、その後も安定した演技で得点を積み重ねた。

 日本の浜田美栄コーチの指導を受ける劉永はシニアデビュー1年目の今季、グランプリシリーズ(GP)シリーズのスケート・カナダで銅メダルに輝くなど結果を残した。韓国選手権では2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子金メダリストのキム・ヨナさんの4連覇に次ぐ3連覇を果たし、初の世界選手権出場を決めている。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース