韓国総選挙 在日らの有権者登録は2月15日まで

【ソウル聯合ニュース】韓国で4月15日に実施される国会議員総選挙の在外選挙人登録の申請と国外不在者申告書の提出が2月15日に締め切られる。

 在外選挙人は海外の永住権者など韓国内に住民登録がない満18歳以上の有権者を、国外不在者は韓国に住民登録がある留学生、駐在員、外交官など満18歳以上の海外滞在者を意味する。

 在外登録選挙人登録の申請と国外不在者申告書の提出は中央選挙管理委員会のホームページ(https://ova.nec.go.kr)と在外公館で受け付ける。郵便、電子メールでの申し込みも可能だ。

 2016年の総選挙と17年の大統領選の在外選挙人名簿に登録されている有権者は登録申請をする必要がないが、両選挙とも投票しなかった場合は再申請が必要となる。

 在外投票は4月1~6日に実施される。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース