韓米首脳が電話会談 新型コロナ対応など協議

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のトランプ大統領は24日、電話で会談し、世界的な感染拡大が続く新型コロナウイルスへの対応を協議した。青瓦台(大統領府)の姜珉碩(カン・ミンソク)報道官が伝えた。

 会談は米国側の要請で午後10時から23分間行われた。両首脳の電話会談は今年に入り初めて。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に対する懸念を共有する一方、同ウイルスの克服に向けた両国間の協力について意見を交換した。

 また、両国が19日に締結した通貨交換(スワップ)協定が国際金融市場の安定に寄与し、時宜にかなう措置だと評価した。

 このほか、最近の朝鮮半島情勢についても意見交換を行い、朝鮮半島平和プロセスの進展に向けて緊密な連携を続けていくことで一致した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース