トランプ大統領「韓国、新型コロナ医療装備送って」

トランプ大統領「韓国、新型コロナ医療装備送って」

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領とドナルド・トランプ米大統領は24日夜の電話会談で、新型コロナウイルス感染症問題を克服するための両国間の協力案について話し合った。青瓦台が明らかにした。今回の電話会談はトランプ大統領の提案で23分間行われた。文大統領とトランプ大統領の電話会談は就任後23回目で、昨年12月7日以来108日ぶりだ。両首脳は新型コロナウイルス感染症の国際的な感染拡大に対する懸念を共有した。

 青瓦台によると、トランプ大統領が「韓国は米国の新型コロナウイルス対処のため医療装備の支援をしてくれるか」と要請したのに対し、文大統領は「国内で余裕分があれば可能な限り対応したい」と答えたとのことだ。そして、文大統領が「米食品医薬品局(FDA)の承認手続きが必要な可能性がある」と言うと、トランプ大統領は「今日中に承認できるようすぐに措置する」と言った。米国が要請した医療装備は、診断キットかマスクと推定されるが、青瓦台はどのような品目であるかは明らかにしなかった。トランプ大統領は韓国の新型コロナウイルス感染状況に関心を示し、「韓国はとてもよくやっている」と評価したと青瓦台は伝えた。

 これと関連して、トランプ大統領は文大統領と電話会談する3時間前、自身のツイッターに「顔用マスクと人工呼吸器の世界市場の状況があまりにもひどい」「我々は複数の州で装備が整うよう支援しているが、それは容易でない」と投稿していた。

 青瓦台の姜珉碩(カン・ミンソク)報道官は「両首脳は(電話会談で)、韓米両国が締結した通貨交換(スワップ)協定は国際金融市場の安定に寄与する非常に適切な措置だった、と評価した」と述べた。韓米は19日、600億ドル(約6兆6800億円)規模の通貨スワップ協定を締結した。契約期間は6カ月だ。

 文大統領はトランプ大統領に「26日に開催される主要20カ国(G20)特別画像首脳会議では、防疫と経済の両面で首脳たちの一致団結したメッセージの発信が重要だ」と述べ、トランプ大統領も「きちんと話し合おう」と答えた。両首脳は東京五輪延期問題についても意見を交換した。

鄭佑相(チョン・ウサン)記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • トランプ大統領「韓国、新型コロナ医療装備送って」

right

関連ニュース