米国での空港ファッション、韓国人と中国人は一目で見分けられる

米国での空港ファッション、韓国人と中国人は一目で見分けられる

 24日(現地時間)午前11時、ワシントンのダレス空港は韓国に戻る大韓航空の飛行機に乗る人たちでごった返していた。一方、その時間に他の航空会社のカウンターは完全にがらんとしていた。同じ時間に運航される飛行機が大韓航空機以外になかったからだ。ある空港職員は「空港が空っぽになった感じ」だとして「9.11のテロを除いて空港がこんな状態になったのは初めて」と話した。

 この日、新型コロナウイルスを避けて韓国行きの飛行機に乗る乗客はほとんどが留学生たちだった。新型コロナウイルスの感染拡大の懸念から大学が休校になり、学生たちは寄宿舎から出されてしまったため、韓国行きを選んだわけだ。韓国人留学生だけでなく、中国人留学生たちも多数、韓国行きの飛行機に乗った。ドナルド・トランプ米大統領が1月末に中国から米国への入国禁止を発表した後、中国行きの飛行機が大幅に減少したため、韓国行きの飛行機に乗って仁川で乗り換え、北京や上海などに向かうわけだ。

 メリーランドの州立大学に通っているという中国人の学生は「寄宿舎が閉まったため帰ることになった」として「ホテルに滞在することもできるが、とてもお金がかかるため、ひとまず中国に帰った方がましだと判断した」と話した。この学生の友人も「上海にいる両親に、米国は危ないから早く帰ってこいと言われた」と話した。

 空港で中国の学生たちは一目で見分けることができた。中国の学生たちはほとんどが、新型コロナウイルスが目から伝染するという懸念からなのか、ゴーグルを着け、手にはビニール手袋をしていた。記者が1枚だけ写真を撮らせてほしいと言ったが、全員頑なに拒んだ。中国の学生たちは「いくら韓国のメディアで、ゴーグルを着けているとしても、中国のネットユーザーたちに身元を暴かれてしまう」として「明らかに、米国で金だけ使ってウイルスが怖くて追い立てられるように帰ってきた金持ちの子どもだ、と悪質なコメントばかりが書き込まれるだろう」と話した。

 一方、韓国の学生と韓国国籍の観光客は、ほとんどがマスクだけを着けていた。ジョージタウン大に通うパク・チフンさん(26)は「ほかの友人たちは皆すでに帰国し、(自分が)ほぼ最後に帰る形になった」として「学校でも感染者が出て危ないし、どうせ授業もオンラインになったので、帰った方がいい状況」と話した。九里市に住むチェさん(85)は「娘の家にちょっと遊びに来たが、米国の方が危なくなったので予定を早めて帰ることになった」として「急きょ航空券を買い直すことになり、妻と共に1人4000ドル(約44万5000円)ずつ払って韓国行きの航空券を買った」と話した。

ワシントン= 趙儀俊(チョ・ウィジュン)特派員
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 米国での空港ファッション、韓国人と中国人は一目で見分けられる
  • 米国での空港ファッション、韓国人と中国人は一目で見分けられる

right

関連ニュース