在韓米軍 「公衆保健非常事態」を宣布=新型コロナで

【ソウル聯合ニュース】在韓米軍司令部は25日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に対応するため公衆保健非常事態を宣布した。

 同司令部は報道資料を出し、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスの世界的な危険性の評価を最高レベルに引き上げ、米国務省が外国への渡航中止を勧告したとした上で、「在韓米軍の施設に隣接した地域で新型コロナウイルスにさらされる可能性が高まり、司令官が公衆保健非常事態を宣布した」と説明した。

 公衆保健非常事態は在韓米軍司令官が延長または早期終了しない限り来月23日まで効力が維持される。

 在韓米軍のエイブラムス司令官は「軍隊の保護がわれわれの最優先課題だ。大韓民国および在韓米軍周辺地域の新型コロナウイルスを巡る状況を持続的にチェックし評価している」とした。

 また、「順守事項の履行、軍隊の保護のために必要な権限の行使という観点から韓国内の全ての米軍司令部と軍事施設に対する公衆保健非常事態を宣布した」と説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース