韓国・新韓金融持ち株会社 会長に趙ヨン炳氏再任

【ソウル聯合ニュース】韓国金融大手、新韓金融持ち株会社の定時株主総会が26日に開かれ、趙ヨン炳(チョ・ヨンビョン)会長の社内取締役選任案が可決された。趙氏はさらに3年間、会長として新韓金融を率いることになった。

 趙氏の2期目の経営環境は厳しい。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴う低成長・低金利という危機を乗り越えることが目下の課題となる。

 低金利は銀行、保険などの金融事業全般にマイナス影響を及ぼす。韓国銀行(中央銀行)は今月半ばに政策金利を0.5%引き下げ、利子による収益の減少は必至だ。保険業では新型コロナウイルスの影響で対面営業が難しくなっている上、低金利による逆ざやの懸念も持ち上がっている。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース