青瓦台・与党の追悼メッセージは最後までなかった

【ペク・ソンヨプ将軍告別式】与党、軍関係者だけ告別式参列…野党は金鍾仁氏、朱豪英氏ら多数参列

青瓦台・与党の追悼メッセージは最後までなかった

 6・25戦争(朝鮮戦争)の激戦地で韓国軍の戦闘を指揮し、「英雄」「将軍」と呼ばれた故ペク・ソンヨプ予備役大将の15日告別式と埋葬式に与党・共に民主党の指導部は参列せず、党としての公式の追悼メッセージもなかった。青瓦台も軍出身の金有根(キム・ユグン)国家安保室第1次長のみが告別式に出席したが、コメントは一切出さなかった。

 共に民主党では同日、軍と直接または間接的に関連のある人々だけがペク・ソンヨプ将軍を見送った。元将校のミン・ホンチョル国防委員長、国防委員会与党幹事ファン・ヒ議員、元陸軍大将のキム・ビョンジュ議員、父親が6・25戦争退役軍人のチョン・ソンホ議員の4人が告別式場を訪れた。李海チャン(イ・ヘチャン)代表ら党指導部の姿は見当たらなかった。

 国会予算決算特別委員会委員長のチョン・ソンホ議員は「国防委員長と予算決算委員長が一緒に告別式を訪れたことで、故人に対し党が礼儀を示したものだ。(ペク・ソンヨプ将軍の)親日行為も事実だが、6・25戦争時に大韓民国を救う大きな功績があったのも事実だ。初の4つ星将軍として韓米同盟に貢献した」と語った。

 野党・未来統合党からは多数の関係者がペク・ソンヨプ将軍の告別式に参列した。金鍾仁(キム・ジョンイン)非常対策委員会委員長、朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表、李鍾培(イ・ジョンベ)、キム・ヒョナ、キム・ミエ、チョン・ウォンソクの各非常対策委員会委員、朴大出(パク・デチュル)、ペ・ジュンヨン、申源シク(シン・ウォンシク)の各議員、チ・サンウク汝矣島研究院院長、ミン・ギョンウク前議員ら十数人が姿を見せた。朱豪英院内代表は「戦争の英雄をこのように扱う国はない。分断国家で命を投げ打って国を守った戦争の英雄たちをきちんと礼遇してこそ、安保そのものが強固となり、国防に携わる方々も誇りを持てるだろう」と言った。また、「ペク・ソンヨプ将軍を国立ソウル顕忠院(ソウル市銅雀区の国立墓地)に埋葬できないことも遺憾だ」とも述べた。

梁昇植(ヤン・スンシク)記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 青瓦台・与党の追悼メッセージは最後までなかった

right

関連ニュース
あわせて読みたい