「国はお前のものか」不動産で爆発する世論…「文在寅の椅子」に靴を投げつけた

1500人がろうそく集会…検索ワードに「汗して稼いだカネだ、国民の財産保護しろ」

 「国民所得は不労所得、お前は汗を流したのか!」「懲罰的税金は払わない。狂った税金はやめろ!」

 25日午後7時、ソウル市中区茶洞の預金保険公社前に集まった市民約1500人(警察推定)はそうしたスローガンを叫んだ後、司会役の合図に合わせ、一斉に靴を空に投げ上げ、数百個の靴が地面に降り注いだ。文在寅(ムン・ジェイン)政権の不動産政策に反対する4大オンラインカフェが主導した「遡及適用を乱発する不動産規制政策反対、全国民租税抵抗運動ろうそく大会」での光景だ。18日の初回(警察推定700人参加)に比べ、参加者が倍増した。主催者側は「前回には1000人、今回は5000人が集まった」と主張した。

 政府の不動産政策に怒る民心がオンライン、オフラインを通じて連日広がっている。

 今回の集会で司会役が集会参加者10人をステージに招いた。ステージ上には「文在寅の席」と書かれた椅子が置かれていた。司会役は「大統領がここを訪ね、直接世論を考えてくれたらという思いで『文在寅の椅子』を置いた」と説明した。ステージに上がった10人が椅子に向かって靴を投げ、「文在寅の席」と書かれた紙はすぐに破れた。

 参加者らは日暮れごろからろうそくに火をともし、政府の不動産政策と増税に抗議した。市民が相次いで演壇に立ち、政府糾弾演説を行った。そのたびに「文在寅出てこい」というスローガンが何度も響いた。

パク・サンヒョン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲ソウル市中区の預金保険公社前で25日、政府による厳しい不動産規制策に抗議して開かれたろうそく集会で参加者が文在寅大統領の名前が書かれた椅子に靴を投げるパフォーマンスを行っている。/コ・ウンホ記者

right

関連ニュース
あわせて読みたい