LG電子 減収減益も営業利益率が過去最高水準に=4~6月

【ソウル聯合ニュース】韓国のLG電子が30日発表した4~6月期の連結決算(確報値)によると、本業のもうけを示す営業利益は4954億ウォン(約436億円)で前年同期比24.1%、前期比54.6%、それぞれ減少した。

 売上高は前年同期比17.9%減の12兆8338億ウォン。前期比でも12.9%減った。

 営業利益と売上高の減少は、新型コロナウイルスの世界的流行を受けた都市封鎖の影響で、一部の海外工場や流通企業が一時閉鎖となり、例年に比べ需要が減ったため。

 しかし、1~3月期を含めた上半期の営業利益は1兆5858億ウォンで、前年同期比2.1%増加した。新型コロナの影響による厳しい環境にもかかわらず、4年連続で1兆5000億ウォンを超えた。

 事業部門別では、同社の主力である生活家電部門が全体を支えた。同部門の4~6月期の売上高は5兆1551億ウォン、営業利益は6280億ウォンで、営業益は5000億ウォン台だった市場の予想を上回った。

 新型コロナの影響で国内の売上高と営業利益は前年同期に比べ減少したものの、ホームクリーニング機、乾燥機、食器洗い機などプレミアム製品の販売に集中し、営業利益率(売上高に営業利益が占める割合)は4~6月期が12.2%、上半期が13.1%で、いずれも過去最高水準を記録した。

 テレビ事業本部は、4~6月期の売上高が前年同期より減少したが、営業利益は増加し、1128億ウォンだった。

 モバイル部門は2065億ウォンの営業損失を計上した。売上高は1兆3087億ウォンだった。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい