【独自】真夜中にマンションの窓辺に飛来したドローン、夜の営み盗撮しドロン

釜山の高層マンションで撮影中に墜落、容疑者は平凡な40代会社員

【独自】真夜中にマンションの窓辺に飛来したドローン、夜の営み盗撮しドロン

 9月19日午前1時ごろ、高層マンションが密集した釜山市水営区の空に子どもの体ほどの大きさの物体が飛び交った。ドローン(小型無人機)だった。誰が操縦しているのか分からないドローンは数十分間にわたり高層マンション2棟を上下に繰り返し飛行したかと思うと、ある住戸の窓の前でぴたりと止まった。灯りがついており、カーテンが開いている部屋だった。ドローンには数十倍のズーム撮影が可能な高性能カメラが搭載されていた。価格が100万ウォンを超える高級ドローンだった。ドローンはカメラのレンズをズームインし、室内で男女が夜の営みに及ぶ場面を撮影した。しかし、午前3時ごろ、機械異常でプロペラが止まって墜落した。

 「何かが落ち、おかしな音がした」という住民の通報を受けて出動した警察は壊れたドローンを発見した。当時男性が現場に近づいたが、警察の姿を見ると逃走した。ドローンに内蔵されたカメラからは男女10組の生々しい性行為の動画が見つかったという。警察は現場周辺の監視カメラを分析し、逃走した男性を今月4日に逮捕した。平凡な40代の会社員の男だったという。

 男は警察の取り調べに対し、「ドローンを紛失しただけであり、故意に性行為の映像を撮影したわけではない」と容疑を否認しているという。男は自分が住む周辺のマンションの屋上に登り、ドローンを飛ばして操縦していたという。当時屋上には男の知人も一緒にいたことが分かった。

チョ・ベッコン記者 , ピョ・テジュン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【独自】真夜中にマンションの窓辺に飛来したドローン、夜の営み盗撮しドロン

right

関連ニュース
あわせて読みたい