韓国KBSアナウンサー、与党に不利な内容を飛ばしてニュース読み物議

KBS労組「梁承東社長の徹底監査」求め声明

韓国KBSアナウンサー、与党に不利な内容を飛ばしてニュース読み物議

 KBSでラジオニュースを担当するアナウンサーが記者の書いた原稿から与党に不利な内容を勝手に省略して読み、局内から批判の声が上がっている。

 KBS労組は22日、19日にKBS第1ラジオで放送された午後2時のニュースでKアナウンサーが李容九(イ・ヨング)法務部次官によるタクシー運転手暴行事件の速報を伝えた際、本来原稿に書かれていた内容のうち、野党議員が「お手盛り捜査」疑惑を指摘した発言を省略した。

 KBS労組が声明の中で公開したニュース原稿によると、当初の原稿には李次官によるタクシー運転手暴行事件に関連し、国民の力の金雄(キム・ウン)議員が「停車中のタクシー・バス運転手を暴行した事件で、和解しても、内部捜査で終結させず、(検察に)送致した事件があるとすれば、李容九掩護(えんご)事件は明らかなお手盛り捜査だ」と発言した部分があったが、Kアナウンサーはその部分を省略した。また、野党議員の発言について、「主張した」という表現をKアナウンサーが問い詰めて責めるという意味の「詰難(きつなん)した」という表現に変えていたことが分かった。「主張する」は価値が中立的な用語なのに対し、「詰難する」は「難癖をつけ、気まずいほどに追及して騒ぎ立てる」という意味だ。KBS労組関係者は「放送ニュースは短信報道も記者が作成し、進行役のアナウンサーはそれをそのまま読むのが原則だが、それをニュースの進行役が勝手に修正する前代未聞のことが起きた。野党議員の発言のニュアンスを変えようとしたとみられる」と指摘した。

■自国で報道されたニュースを信頼できますか? 韓国は最下位、日本は…

シン・ドンフン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国KBSアナウンサー、与党に不利な内容を飛ばしてニュース読み物議

right

関連ニュース
あわせて読みたい