「7つの虚偽経歴」チョ・グク前法相の娘、ソウル大学大学院合格寸前だった

「7つの虚偽経歴」チョ・グク前法相の娘、ソウル大学大学院合格寸前だった

 チョ国(チョ・グク)前法務部長官の娘チョ・ミン氏(29)が2013年にソウル大学医学専門大学院入試時、7点の虚偽の経歴証明書を提出して合格寸前まで行っていたことが29日、確認された。合格者との点数差は0.05点だった。ソウル中央地裁は23日、チョ国前長官の妻で東洋大学教授の鄭慶心(チョン・ギョンシム)被告が娘チョ・ミン氏の虚偽経歴証明書7点を入試に利用したことをすべて認め、同被告に懲役4年の実刑判決を言い渡し、法廷拘束した。同地裁はこれらの証明書7点のうち、一部はチョ国前長官が自ら偽造したと判断した。

 鄭慶心被告の一審判決文によると、娘チョ・ミン氏は2013年6月のソウル大学医学専門大学院入試時、偽造された東洋大学総長表彰状、ソウル大学人権センターインターン証明書、檀国大学医科学研究所インターン証明書、アクアパレス・ホテル・インターン証明書など計7点の虚偽の経歴証明書を提出した。

 その結果、チョ・ミン氏は英語の点数と書類審査の結果が主となる1次選考を通過した。 2次選考にも書類審査があったが、ここでチョ・ミン氏が提出した、いわゆる「7大虚偽スペック(経歴)」が威力を発揮した。2次選考に進んだ志願者136人のうち、チョ・ミン氏の書類評価順位は39位だった。これは最終合格者(68名)に入るものだった。だが、1次選考の点数と2次選考の面接の点数が合算され、チョ・ミン氏は100点満点で78.57点となり、「補欠の4番」で合格できなかった。最終的には補欠の2番となった志願者まで追加合格になったが、その志願者とチョ・ミン氏の点差は0.05点だった。

■腐敗認識指数1位はデンマーク&NZ、韓国は39位、日本は?

クォン・スンワン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 「7つの虚偽経歴」チョ・グク前法相の娘、ソウル大学大学院合格寸前だった

right

関連ニュース
あわせて読みたい