【社説】親文在寅団体から圧力を受けた与党議員らが誓約書提出、これが政権の実態だ

【社説】親文在寅団体から圧力を受けた与党議員らが誓約書提出、これが政権の実態だ

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領を強く支持する過激な親文団体が先日、与党系の議員らから「検察の捜査権廃止誓約書」を受け取った。驚くべきことに韓国与党・共に民主党の黄雲夏(ファン・ウンハ)議員、金容民(キム・ヨンミン)議員、金南局(キム・ナムグク)議員、張耿態(チャン・ギョンテ)議員、李秀真(イ・スジン)議員ら10人前後が実際に誓約書を出していた。「今年上半期のうちに検察の捜査権を完全に廃止する法案を成立させる」と約束する内容だった。今も全国で2000人以上の検事が捜査業務を担当している。彼らに対して突然、捜査をやめさせるなどあり得るだろうか。その理由も「検察が政権による不法行為を捜査しているから」というものだ。検察が当然やるべきことをやっているとの理由で、検察から捜査権を取り上げるというのだ。このあり得ない要求の誓約書に署名した議員が10人前後にもなる。韓国社会において今とんでもない事態が起こっているのだ。

 親文団体は誓約書を出さなかった議員らにメールを使って激しい攻撃を行ったという。いわゆる「ムンパ」と呼ばれる文在寅ファン集団が与党議員らにこのような形で上から圧力を加え、意のままに動かそうとする事態は今回だけではない。ムンパは2017年の大統領選挙において、ライバルとなる候補者らに暴言やメール爆弾を浴びせたことで知られるようになった。破廉恥なチョ・グク元長官一家を救うとの理由で毎週のように検察庁舎前で集会を開き、さらには「ケサウム(犬のけんか)国民運動本部」と呼ばれる団体まで立ち上げた。

 彼らは「尹錫悦(ユン・ソクヨル)検事総長を弾劾せよ」と要求し「われわれが秋美愛(チュ・ミエ)」とも叫んだ。秋美愛長官を批判する与党議員らにもメール爆弾を浴びせ、高位公職者犯罪捜査処(公捜処)に反対する議員らには「党から出ていけ」と攻撃した。与野党の合意による採決を求める国会議長を「サクラ(御用議長)」と呼び、「後援金」として18ウォン(18は罵倒語と同じ発音)を送った。総選挙の際には与党の公選委員長に数千通のメール爆弾を送り「親文の候補者を公認せよ」と圧力を加えた。補正予算に反対した女性議員には「Xだらけ」と呼んだ。元大統領の赦免に言及した共に民主党の李洛淵(イ・ナクヨン)代表には「弾劾する」と脅迫した。

■世界報道自由度ランキング韓国42位、中国177位、日本は?

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【社説】親文在寅団体から圧力を受けた与党議員らが誓約書提出、これが政権の実態だ

right

関連ニュース
あわせて読みたい