反米色薄い…共産党も嫌うピカソ作『韓国での虐殺』

完成から70年にして韓国で初めて展示

 「絵は家の中を飾るためのものではない。敵に対する攻撃と防御の戦争道具だ」

 画家パブロ・ピカソ(1881-1973年)が語り、この哲学の直接的な証拠となる作品が韓国に到着した。6・25戦争(朝鮮戦争)を題材に1951年に完成させた作品『韓国での虐殺』(原題『Massacre in Korea』、日本では『朝鮮の虐殺』)が70年を経て韓国で展示される。キュビズムの嚆矢(こうし)・ピカソが題名に韓国と明記した唯一の作品であり、理念対立の渦中で絶えず非難されてきた作品でもある。1960年代にピカソを賛美すれば反共法が適用され、2011年になっても高校の歴史教科書に作品の写真が掲載されると賛否両論が激しくぶつかり合った。何回か韓国での展示が試みられたものの、予算不足などで果たせなかったこの作品が、ソウル「芸術の殿堂」の「ピカソ生誕140周年特別展」で8月29日まで公開される。作品にまつわる長年の論争に決着をつけることが今回の展示の意義だとも言える。

■なぜ? 共産党も米国も嫌がる作品

 『韓国での虐殺』はピカソを代表する反戦画とされている。ただし、故国スペインの内戦(『ゲルニカ』)やナチスによるユダヤ人虐殺(『納骨堂』)など、ヨーロッパを題材にしたそれまでの作品とは違い、縁遠い極東の戦乱を取り上げた点で独特だと言える。この作品は、6・25戦争を扇動に利用しようとしていたフランス共産党の要請で、共産党員だったピカソが制作することになったというのが定説だ。フランス国立ピカソ美術館と協力して韓国での展示を成功させた展示企画者ソ・スンジュ氏(58)は「共産党が圧力を行使したものだ」「ピカソは戦争に対する明確な認識が難しい状態で、どちらか一方の味方をすることについて困り果てていた」と説明した。作品は大まかに言うと右側の武装兵士たちが左側の女性・子どもたちに銃を向けている構図だが、米軍だという識別は全くつかない。共産党がひどく失望した理由はそこだ。一方、このようなあいまいな表現でも米国は激怒した。当時、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のアルフレッド・バー館長は「ピカソが言い訳しても明らかな反米宣伝作品だ」と一喝した。

■「世界で最も平和な国」1位はアイスランド、韓国48位、TOP10は?

チョン・サンヒョク記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲ピカソが完成させてから70年にして韓国に来た作品『韓国での虐殺』(『Massacre in Korea』、日本では『朝鮮の虐殺』)の前に集まる入場者たち。この作品は8月まで韓国で展示され、9月にケルンにあるルートヴィヒ美術館に展示されるためドイツに渡る。写真=コ・ウンホ記者

right

関連ニュース
あわせて読みたい