台湾・南シナ海・クアッド…韓国、「米中綱渡り」から米側に一歩踏み込む

台湾・南シナ海・クアッド…韓国、「米中綱渡り」から米側に一歩踏み込む

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領とバイデン米大統領が首脳会談直後に発表した共同声明には、「台湾海峡(Taiwan Strait)での平和と安定維持の重要性を強調した」という文言が盛り込まれた。韓米首脳共同声明に、中国が言及そのものを嫌がる台湾関連の記載が入れられたのは初めてだ。青瓦台は米国が中国けん制戦略を取っているのにもかかわらず、クアッド(Quad・米国・日本・オーストラリア・インド4カ国連合体)とは一線を画して賛同に消極的だったが、今回はクアッドについても言及されている。外交関係者の間がでは、これまで米中対立の局面で「戦略的あいまいさ」を前面に押し出し、いわゆる「綱渡り外交」をしてきた文政権が米国側に寄ったとの見方が出ている。

 共同声明には、「韓米はクアッドを含めて開放的かつ透明で包容的な地域多国間主義の重要性を認識している」「南シナ海などで平和と安定、合法的かつ妨害されない商業、航行・上空飛行の自由を含む国際法の尊重を維持することを約束した」という内容も盛り込まれた。「中国」という言葉は言及されていないがが、「台湾」「クアッド」「南シナ海」など中国を念頭に置いた3つのキーワードがすべて入っている。

 専門家らは「北朝鮮問題で米国の支持を得ようと、中国問題では米国寄りになった」と分析した。亜洲大学米中政策研究所のキム・フンギュ所長は「米国はたくみに、中国を狙った政策に韓国を参加させる「ステッピング・ストーン(stepping stone・踏み石)」を敷いて、結果的に韓国が米国と共に足を踏み入れたもの」と語った。

 韓米首脳共同記者会見では、ある米国人記者が文大統領に「台湾問題に関してどのような話をしたのか。バイデン大統領が中国に対していっそう強い見解を促したのか」と尋ねた。これに対して、バイデン大統領は文大統領に「Good luck(幸運を祈る)」と言った。文大統領がこれまで対中戦略賛同に慎重な姿勢を表明してきたことから、米国側が強い圧力をかけたことを示唆するものだった。韓国政府は、特に台湾問題を共同声明に明記することをためらったという。ただし、文大統領は「(バイデン大統領の)圧力はなかった」「台湾海峡の平和と安定が非常に重要であるという点では認識を共にした。両岸関係の特殊性を考えつつ、両国が協力していくことにした」と答えた。

■韓国が信頼できる国1位は米国、警戒すべき国は?

キム・アジン記者 , 安俊勇(アン・ジュンヨン)記者 , ワシントン=共同取材団
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 台湾・南シナ海・クアッド…韓国、「米中綱渡り」から米側に一歩踏み込む

right

関連ニュース
あわせて読みたい