韓国で熟年離婚が急増…全離婚件数の4割超

「子供たちも独立したし、まだ生きる時間も長いから我慢はやめよう」

韓国で熟年離婚が急増…全離婚件数の4割超

 ソウル市道峰区に住む51歳のある女性は今年初めに離婚した。夫は金遣いが荒く、いつも外を出歩き家庭に忠実ではなかったためけんかばかりしていたが、娘がいたので夫婦としての関係は維持していた。しかし大学生になった娘が「お母さん、まだ若いのだから我慢しないで」「離婚してはどう」と言ってきた。その言葉に勇気を得た女性は23年の結婚生活を終わらせた。

 結婚から20年以上過ぎた夫婦の離婚を意味する「たそがれ離婚(熟年離婚)」が今年1-3月には全離婚件数の40%以上を占めていたことが分かった。統計庁が26日に公表した「3月の人口動向」によると、今年1-3月期の離婚件数は2万5206件で昨年の同じ期間に比べて3.5%増えた。その中で40.4%に当たる1万191件がたそがれ離婚だった。この期間のたそがれ離婚は昨年同期(8719件)に比べて16.9%増だった。全離婚件数にたそがれ離婚が占める割合は2019年には34.7%(11万831件のうち3万8446件)だったのが、昨年は37.2%(10万6500件のうち3万9671件)にまで増加し、今年はついに40%を上回ったのだ。

 仁川に住む58歳のある男性も先日妻と離婚した。口数の少ない性格だが、つらい仕事に耐えながら家長としての役割を忠実に果たしたと自負してきた。しかし妻と大学生の2人の子供が家で自分を見て見ぬふり、あるいは無視されていると考え、別々に暮らした方がよいと考えるようになったという。

■2020年世界幸福度ランキングで韓国61位…最も幸せな国は?

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国で熟年離婚が急増…全離婚件数の4割超

right

関連ニュース
あわせて読みたい