「李容洙ハルモニも反発するのは余程のこと…正義連は典型的な『犠牲者コスプレ』」

「李容洙ハルモニも反発するのは余程のこと…正義連は典型的な『犠牲者コスプレ』」

『犠牲者意識民族主義』を出版した林志弦・西江大学教授

 「正義連(正義記憶連帯)は慰安婦のハルモニ(おばあさん)を助ける団体なのに、自分たちが犠牲者であるかのように行動し、批判を禁じている。典型的な被害者コスプレではないか」

 林志弦(イム・ジヒョン)西江大学教授(62)は24日、日本軍慰安婦団体を批判することにも最高5年の刑を科すという「日本軍慰安婦被害者法」改正案が判明すると、その内容にあきれ返った。

 「犠牲者意識民族主義においては、犠牲者ではない人々が先代の犠牲者の地位を引き継ぎ、自らを犠牲者と任じて政治的正当性を確保する。正義連は犠牲者意識民族主義を政治的に誤用し、道具化した典型的なケースだ。慰安婦ハルモニの李容洙(イ・ヨンス)さんが『私の明らかにした挺(てい)対協の真実も違法なのか』と反発するというのは余程のこと」

 林教授は、「日常的ファシズム」と「大衆独裁」という概念で韓国社会に論争を呼んだ西洋史学者だ。ファシズムが「普通の人の日常」に深く浸透しており、ファシズムに反対するという進歩陣営もファシズムから自由ではない-という分析は、韓国の知識人社会を騒然とさせた。

 そして今度は600ページを超える著書『犠牲者意識民族主義』(ヒューマニスト刊)だ。ホロコーストや植民主義集団虐殺、スターリニズムのテロを経験したイスラエル、ポーランド、韓国などにおいて、自己の民族を犠牲者と認識して道徳的正当性を掲げる「犠牲者意識民族主義」をおよそ10年にわたり追跡した知的作業だ。林教授は「世界では今、世襲された犠牲者意識を通して自分たちの民族主義に道徳的正当性と政治的アリバイを付与する『記憶の戦争』が激しく繰り広げられている」と語った。

■世界最高の国ランキング7位は米国、韓国は20位、日本は?

前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 「李容洙ハルモニも反発するのは余程のこと…正義連は典型的な『犠牲者コスプレ』」
  • 「李容洙ハルモニも反発するのは余程のこと…正義連は典型的な『犠牲者コスプレ』」

right

関連ニュース
あわせて読みたい