トヨタも参入…韓独日「水素トラック三国志」

「2024年、米国のトラックに水素電池を搭載」…トヨタ、現代自・ダイムラーの牙城に挑戦

トヨタも参入…韓独日「水素トラック三国志」

 日本のトヨタは8月26日、水素商用車の開発計画について公開した。2023年までに米ケンタッキー工場に水素燃料電池モジュールの生産ラインを構築し、米国商用車工場で生産する貨物用大型トラック「XLシリーズ」に搭載。24年に発売するという。水素燃料電池は酸素と水素の化学反応を引き起こし電気を生産する装置で、水素自動車におけるエンジンの役割を果たす。こうして生産された「XL水素トラック」は、トヨタが生産する初の水素トラックとなる見通しだ。トヨタは水素乗用車、水素バスなどは手掛けているものの、水素トラックの量産車をお目見えさせるのは今回が初めてだ。

 商用車市場で水素トラックの競争が激しさを増している。各国の環境規制が強化され、温室効果ガス排出の主犯であるディーゼルトラックに対するけん制が激化したことで、自動車メーカー各社は水素トラックの開発に拍車を掛けている。すでに水素トラックを保有している現代自と水素トラックの開発に拍車を掛けるダイムラー、トヨタなどが初期の主導権の奪取に向け、激しい競争を繰り広げる見通しだ。

■現代自は欧州・中国で、トヨタはまず米国で

 世界的な大手自動車メーカーのうち、水素自動車の量産技術を確保しているのは現代自、トヨタ、ダイムラー程度だ。現代自は、水素トラックを量産した経験がある唯一のメーカーだ。大型トラック「エクシエント」を基盤とする水素トラックを世界で初めて量産。昨年からスイスに輸出し始めた。現代自は2030年までに年間50万台の水素自動車の生産体制を構築するというビジョンを掲げている。これに合わせて現代モービスは最近、忠州に続いて青羅や蔚山にも水素燃料電池工場を建設することにした。現代自は中国広州で燃料電池を直接生産し、来年中国で水素トラックを発売する計画だ。グローバル投資会社のJPモルガンは「2050年には、中国国内のトラック市場で水素トラックのシェアは33%にまで増えるだろう」と予想している。

■韓国が2020年自動車生産量5位…1位は中国、日本は?

リュ・ジョン記者 , ユン・ヒョンジュン記者
前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • トヨタも参入…韓独日「水素トラック三国志」

right

関連ニュース
あわせて読みたい