5億ウォン受け取り八百長、元サムスン尹盛桓投手に懲役1年

5億ウォン受け取り八百長、元サムスン尹盛桓投手に懲役1年

 5億ウォン(約4700万円)を受け取り、八百長行為に関与したとして、国民体育振興法違反の罪で起訴されたプロ野球サムスンライオンズの元投手、尹盛桓(ユン・ソンファン)被告に対し、大邱地裁は14日、懲役1年、追徴金2億350万ウォンの判決を言い渡した。

■韓国人が好きな野球選手1位は?

 尹被告は知人から「相手チームに四球を与え、4回までに一定点数以上失点してほしい」と依頼され、5億ウォンを受け取った疑いで逮捕され、昨年9月に起訴された。これに先立ち、尹被告は2015年、海外で賭博行為に及んだとして、警察の捜査を受けたが、公訴時効成立で嫌疑なしとなっている。

 大邱地裁は「尹被告がプロスポーツの客観性、公正性を毀損し、国民を失望させ、裏切られたという気持ちを抱かせたのは悪質だ」と指摘した。ただ、「過ちを反省しているほか、八百長が予定された試合に出場できず、実際の八百長は行われなかった点、野球選手としてのあらゆるものを失った点などを考慮した」と説明した。尹被告はサムスンライオンズ投手で歴代最多勝投手で、15シーズンで通算135勝を上げた。しかし、八百長疑惑が浮上し、昨年11月に自由契約となった。

パク・ウォンス記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 5億ウォン受け取り八百長、元サムスン尹盛桓投手に懲役1年

right

関連ニュース
あわせて読みたい