GK趙賢祐が好セーブ…蔚山現代、PK戦の末に川崎F下しACL8強入り

AFCチャンピオンズリーグ・ベスト16戦で日本の川崎Fに勝利

GK趙賢祐が好セーブ…蔚山現代、PK戦の末に川崎F下しACL8強入り

 PK戦2-2と拮抗(きっこう)している状況で、蔚山現代FCのGK趙賢祐(チョ・ヒョヌ)がゴールの前に立った。日本の川崎フロンターレ5人目の家長昭博の足からボールが離れるや、趙賢祐が左に体を飛ばし、左腕をグッと伸ばした。左腕でボールを止めた趙賢祐は、両手の拳をギュッと握って雄たけびを上げた。蔚山現代の最後のキッカー、ユン・ビッカラムがゴールネットを揺らし、2時間以上にわたった血のにじむような戦いの勝負がついた。

■韓国人が選ぶ、最高のスポーツ選手1位は?

 アジア・サッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグ(ACL)の昨季王者・蔚山現代が14日午後、蔚山文殊サッカースタジアムで行われたベスト16戦(決勝トーナメント1回戦)で、PK戦(3-2)の末、川崎Fを抑えてベスト8進出に成功した。

 蔚山現代は今季Kリーグ1で、川崎FはJ1リーグ(共に1部リーグ)でそれぞれ首位を走っている。両チームは韓日プロサッカーのプライドをかけて対戦し、後半の半ばまで張り詰めた空気の中で慎重に試合を展開した。蔚山現代の洪明甫(ホン・ミョンボ)監督は0-0だった後半22分、イ・チョンヨンとユン・ビッカラムを投入する勝負に出たが、試合の流れは変わらなかった。両チームは正規の前後半90分と延長の前後半30分まで、0-0のままで終え、PK戦に入った。

 PK戦のゴールは蔚山現代が趙賢祐、川崎Fが鄭成竜(チョン・ソンリョン)という現韓国代表と元韓国代表のGKが守った。鄭成竜も蔚山現代の3人目のキッカー、イ・ドンジュンのシュートをセーブしたが、趙賢祐が川崎Fの最後のキッカーを阻み、PK勝ちした。

 大邱FCは同日、日本の名古屋グランパスエイトとの決勝トーナメント1回戦で、2-4の逆転負けを喫し脱落した。大邱はセシーニャとエドガルの連続ゴールで前半を2-1とリードしたまま終えたが、後半に3ゴールを連続で奪われ敗れた。

 15日には全北現代FCが午後5時30分にホームスタジアムの全州ワールドカップスタジアムにタイのパトゥム・ユナイテッドを迎えてベスト16戦を行う。浦項スティーラースは同日午後6時、日本のセレッソ大阪とのベスト16戦に臨む。ベスト8戦の対戦相手今後の抽選で決まる。ベスト8戦とベスト4戦は全州で行われる。

ソン・ウォンヒョン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • GK趙賢祐が好セーブ…蔚山現代、PK戦の末に川崎F下しACL8強入り

right

関連ニュース
あわせて読みたい