「韓中文化交流の年」開会式 ソウルで開催

【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部は15日、中国文化観光省とともにソウル市内で「2021~22年 韓中文化交流の年」開会式を開催した。

 黄熙(ファン・ヒ)文化体育観光部長官は歓迎の辞で「両国の文化は高付加価値を創出する産業となっている。文化を通じた両国の交流と協力は継続すべきだ」と述べた。また、韓中国交正常化30周年を控え、両国の新たな交流と協力の転機をつくるため、韓中の「文化同行」を始めようと提案した。

 中国の胡和平文化観光相はビデオメッセージを寄せ、「新型コロナウイルスの大流行の中でも両国間の合意をしっかりと履行し、『文化交流の年』を成功させる」と述べた。黄氏の提案に対しては「両国間の文化交流と観光協力を強化し、人的交流を拡大して文化交流・協力の未来を切り開いていこう」と応じた。

 開会式では、韓国側のテレビ・映画分野の広報大使を務める女性グループBrave Girls(ブレイブガールズ)の祝賀ステージ、韓中の楽団による祝賀公演なども行われた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい