台湾が脅威にさらされるや日本はすいすいと再武装…中国「介入時には日本本土を攻撃」

中・日が台湾海峡で軍備競争

台湾が脅威にさらされるや日本はすいすいと再武装…中国「介入時には日本本土を攻撃」

 台湾東岸から230キロほど離れた日本の石垣島は最近、陸上自衛隊のミサイル基地建設工事の真っ最中だ。8月2日付の読売新聞の報道によると、日本政府は来年までに、ここへ500-600人の兵力を配備すると決めたという。

 石垣島入りする陸上自衛隊は、対艦・対空ミサイルなどを発射するミサイル部隊と、上陸攻撃などに備えた警備部隊からなる。台湾からわずか110キロしか離れていない与那国島には、2023年までに電子戦部隊が投入される。これで、ミサイル部隊のいる南西諸島の島は沖縄本島、宮古島、奄美大島と合わせて計4カ所に増える。

■中国の空母機動部隊を狙ったミサイル3点セット

 日本がこの両島にミサイル部隊や電子戦部隊を配備するのは、中国が台湾を攻撃する際、この一帯が海軍と空軍の進撃ルートになるからだ。中国が台湾攻撃に乗り出したら、中国の空母や潜水艦、空軍機などを相手にミサイル攻撃に出る、という意味だ。

 日本は中国の海軍力を無力化できるミサイル3点セットも公開した。今年の購入予算に含まれている超音速空対艦ミサイルASM3は三菱重工業が開発したミサイルで、最高マッハ3のスピードで防空網を突破し、中国海軍の軍艦を攻撃できる。

 また主力ミサイルの12式地対艦誘導弾は、現在200キロの射程を近いうちに900キロ、長期的には1500キロまで伸ばすこととした。加えて、射程2000キロに達するステルス巡航ミサイルも試作品が来年登場する。「日本版トマホーク」といわれるこのミサイルは、防空網の迎撃を回避しつつ北京や平壌も攻撃できる。昨年には、最高速度マッハ5の極超音速ステルス巡航ミサイルを開発中という事実も公開した。

 中国の習近平国家主席が台湾統一のための軍事的圧迫を強化するや、台湾海峡を巡って中・日間の熾烈(しれつ)な軍備競争が起きている。日本は台湾防衛を名分として、これまで内密にしてきた先端ミサイル開発、ミサイル射程延長などを公に推進している。与党の自民党が公言してきた「敵基地攻撃能力の確保」が現実化しつつあるのだ。

 石垣島にミサイル部隊を配備すると決めたのも、今年4月の中国海軍の主力艦3隻同時就役に対応するためとみられている。中国海軍は今年4月23日、習近平主席が出席する中、海南省で最新鋭の戦略原子力潜水艦「長征18」、大型ミサイル駆逐艦「大連」、4万トン級強襲揚陸艦(ヘリ空母)「海南」の就役式を挙行した。いずれも台湾攻撃を意識して開発した最新鋭の軍艦だ。

■韓国が2021年世界軍事力ランキング6位、北朝鮮28位…日本は?

前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 台湾が脅威にさらされるや日本はすいすいと再武装…中国「介入時には日本本土を攻撃」

right

関連ニュース
あわせて読みたい