ロボット犬「スポット」が工場内を走り回る…現代自動車×ボストン・ダイナミクス初プロジェクト公開

ロボット犬「スポット」が工場内を走り回る…現代自動車×ボストン・ダイナミクス初プロジェクト公開

 現代自動車グループが米国のロボット研究・開発企業「ボストン・ダイナミクス」買収後の初協力プロジェクトを公開した。

 同グループは17日、産業現場の危険を感知し、安全に関する責任を担う「工場安全サービス・ロボット(Factory Safety Service Robot=ファクトリー・セーフティ・サービス・ロボット)」を初公開し、グループ傘下の起亜自動車の工場「起亜オートランド光明」内でこのほど試験運用を開始したと明らかにした。

 工場安全サービス・ロボットは、ボストン・ダイナミクスの4足歩行ロボット「スポット(Spot)」に現代自動車グループ・ロボティクス・ラボの人工知能(AI)基盤ソフトウェアが搭載された「AIプロセッシング・サービス・ユニット(AI Processing Service Unit、以下AIユニット)」を組み合わせて完成させた。

 4足歩行ロボットのスポットは、産業現場で移動が困難な狭い空間や階段などを自由に動くことができる。特に柔軟な関節の動きを利用して、人の目で確認するのが難しい死角まで把握できるというのが現代自動車の説明だ。これにロボティクス・ラボが独自開発したAIユニットを連動させることで、工場安全サービス・ロボットの自律性や機能をさらに強化した。

 AIユニットは3D Lidar、サーモカメラ、フロントカメラなど、さまざまなセンサーとディープ・ラーニング基盤のリアルタイム・データ処理を通じ、▲出入口開閉認識 ▲高温危険感知 ▲部外者の不正侵入感知 などが可能であり、AI基盤ナビゲーションを通じて産業現場内で決まっている巡回領域を自律移動する。

■韓国、AI技術普及率が2年間で7位から3位へ…トップ10は?

ミン・ソヨン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ロボット犬「スポット」が工場内を走り回る…現代自動車×ボストン・ダイナミクス初プロジェクト公開
  • ロボット犬「スポット」が工場内を走り回る…現代自動車×ボストン・ダイナミクス初プロジェクト公開

right

関連ニュース
あわせて読みたい