2週連続の振替休日に「週4日勤務がいい」「ダメだ」…韓国ネットで賛否両論

 「週4日勤務のお試し体験はまもなく終了です」

 10日、あるインターネット・コミュニティ-・サイトに掲載されたこの文には、「週4日勤務をもっと延長してほしい」「一生、週4日勤務したい」というコメントが280件寄せられた。振替休日適用範囲が拡大されたのに伴い、「開天節」の次の月曜日だった4日と、「ハングルの日」の次の月曜日だった11日がそれぞれ振替休日に指定され、会社員らが2週連続で週4日勤務を経験したことから、こうした反応があったものだ。

 多くの会社員は週4日勤務に前向きで、賛成している様子だ。ソウル・光化門で働くイさん(30)は「いつもは金曜日に疲れて仕事の効率が落ちるが、(今回の振替休日があったので)火曜日から4日間だけ働くから体力が衰えず、金曜日まで一生懸命働くことができた」と語った。ソウルのある外資系企業に勤める会社員キムさん(29)は「2週連続で与えられた週4日勤務はプレゼントのように思えた。来週、また週5日勤務になると違いが分かるだろうが、4日間で仕事を終わらせようと頑張るから、業務効率が良くなった気がする」と言った。

 週4日勤務は政界ではおなじみの公約だ。正義党の大統領選挙予備選候補である沈相奵(シム・サンジョン)議員は週4日勤務を公約に掲げているし、今年4月のソウル市長補欠選挙でも朴映宣(パク・ヨンソン)候補=共に民主党=や、チョ・ジョンフン候補=時代転換=がそれぞれ「週4.5日勤務」「週4日勤務」を提案した。

■「世界で最も住みやすい国」2020年版発表、韓国17位、中国100位、日本は?

チョ・ユジン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい