官民軍の有事対応訓練 27日から3日間実施=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国の行政安全部は13日、災害や戦時など国家の危機状況への対応を点検する官民軍による「乙支太極演習」を27~29日に実施すると発表した。

 演習は首相が総監を務め、中央行政機関や自治体が参加する。保健福祉部など新型コロナウイルス対応に当たる3官庁は加わらない。行政安全部の全海チョル(チョン・ヘチョル)長官は「新型コロナの防疫規則を徹底して順守しながら、国防部(軍合同参謀本部)と協議して演習を行う」としている。

 乙支太極演習は今年5月に実施予定だったが、新型コロナの感染状況を踏まえて延期されていた。昨年は新型コロナのため中止された。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい