韓国元首相の李洛淵氏 党大統領選候補決めた選挙結果を受け入れ

【ソウル聯合ニュース】韓国与党「共に民主党」所属の李洛淵(イ・ナギョン)元首相は13日、来年3月の大統領選挙の党公認候補に李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事を選んだ予備選について、SNS(交流サイト)で党の決定を尊重し選挙結果を受け入れると表明した。10日に終了した予備選で2位に終わった李洛淵氏は途中撤退した候補の得票を党選挙管理委員会が無効としたのは不当だと主張し、異議申し立てを行っていた。党はこの日、決選投票の実施を求める李洛淵氏の異議申し立てを棄却した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい