北朝鮮メディア「敵視政策なら関係冷え込み続く」 韓国に警告

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の対外宣伝メディアが24日、韓国が軍事演習や軍備増強などの「対北敵視政策」を取っていると非難し、これが続く限り南北関係の改善は望めないと主張した。

 対外宣伝メディア「統一のメアリ」は時事解説を通じ、韓国当局が米国の北朝鮮敵視政策に積極的に追従しているために、南北関係が行き詰まりの局面から全く抜け出せずにいると指摘した。韓国の「護国訓練」や「乙支太極演習」、韓米空軍の合同空中演習といった軍事演習に言及しながら、「わが共和国(北朝鮮)に対する容認できない挑戦であり、民族の朝鮮半島平和への願いに対するあざけりだ」と非難。これらが果たして、韓国当局が呼び掛ける「関係改善」と「平和のための努力」なのかと問いただした。

 韓国向け宣伝用ウェブサイトの「わが民族同士」も、韓国軍を指して「軍事的優位を保障するという美名の下で武力増強策動と軍事訓練に熱を上げている」とし、米国の敵視政策に追従して北朝鮮への敵対意識と偏見を捨てられずにいるからだと非難した。さらに「原因が解消されない限り、ほかの結果を期待できないのは自明の理」「間違った行動、敵視の観点が変わらない限り、北南(南北)関係はいつまでたっても冷却状態から抜け出せないだろう」などと主張した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい