ソウル市の新規コロナ感染者1760人 再び過去最多

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は25日、ソウル市で同日午前0時までの24時間に新たに1760人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。1日当たりの新規感染者数としては前日(23日)の1735人を上回り、連日で過去最多を更新した。

 市中感染が1757人、海外からの入国者の感染が3人だった。

 1日当たりの新規感染者数は9月24日に1221人を記録した後、10月最終週は400~700人台に下がっていた。だが今月から新型コロナの新たな防疫体制「段階的な日常生活の回復(ウィズコロナ)」が施行され、2日に1004人に急増し、その後も16日が1436人、23日が1735人、24日が1760人と増え続けている。

 今月13日以降は曜日別の最多記録更新も続く。

 ソウル市の累計感染者数は25日午前0時時点で14万6406人。死者は前日に10人増え、累計1004人となった。
首都圏を中心に感染拡大の勢いが増している=(聯合ニュース)[https://youtu.be/Ayk4D8GzwPg]

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい