カーリング女子韓国代表「チーム・キム」、韓日戦で敗れる…五輪行き直行チケットに赤信号

カーリング女子韓国代表「チーム・キム」、韓日戦で敗れる…五輪行き直行チケットに赤信号

 「メガネ先輩」こと金恩貞(キム・ウンジョン、31)がスキップ(主将)を務めるカーリング女子韓国代表「チーム・キム」が韓日戦で敗れて2位に転落した。

 チーム・キムは15日、オランダのレーワルデンで行われた北京冬季五輪最終予選女子1次リーグ第7戦で、藤澤五月がスキップ(主将)を務める日本代表チーム「ロコ・ソラーレ」に4-8で敗れた。チーム・キムは第1エンド開始から日本に3点を許し、第2エンドまでで0-4と引き離された後、一度もリードできないまま負けた。チーム・キムは2018年平昌冬季五輪の準決勝で日本を破って銀メダルを手にしたが、この日は敗北を喫した。

 日本にこの勝利で「北京行き直行チケット」にグッと近づいた。5勝1敗の日本は1次リーグ首位に浮上、韓国は5勝2敗で組2位に落ちた。韓国は16日の最終戦で最下位のチェコ(1勝5敗)を破った上で、日本が残り2試合に負けなければ1位になれない。

 この大会には3枚の北京行きチケットが懸かっている。1次リーグの1位チームは五輪出場資格を獲得して北京に直行する。2-4位のチームはプレーオフに進出し、2位のチームと3位のチームは試合をして勝った方がもう1枚を手にする。ここで敗れたチームは4位と対戦して、最後の1枚を争う。

イ・ヨンビン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • カーリング女子韓国代表「チーム・キム」、韓日戦で敗れる…五輪行き直行チケットに赤信号

right

関連ニュース
あわせて読みたい